• Japanse Tandarts Masato Watanabe
  • 28 Japanse collega met ass. Junko
  • DSCF3181_Fotor

Quick contact

T +31 (0) 20 - 641 65 66
E info@hjvanmill.nl

当院での診察及び治療の流れ

 

 

初診

治療の相談、現在の症状、問題点、気になる点、今までの治療歴、治療の希望をお聞ききし、全体のレントゲン撮影、問題がある部位のレントゲン及び口腔内写真を撮り、大まかな治療説明を致します。過去に大きな手術を受けたり、数年に渡ってお薬を服用されていた、あるいは現在も常用しているお薬がある場合にはお知らせ下さい。

 

もちろん痛みや腫れなど、症状に応じて応急処置を致します。

 

 

精密検査

当院では歯を失った症例、重度の虫歯、歯周病がある症例、かみ合わせに問題がある場合など、お口の中の現状をもっと把握する必要がある症例には、どのような治療を行っていくか決めていくために精密検査(歯周検査、診断のための模型製作など)を受けていただくようにしております。

 

 

治療計画の提示

精密検査の資料を基に現在の問題点、長期的予後、及びオランダ滞在期間を考慮した歯科治療計画を患者さんに提案し、治療をした場合の治療費用、治療期間、治療をしなかった場合の予後などをお話いたします。

 

 

④ 治療目標の決定

今回の治療目標ゴールを決定します。

 

 

治療開始

炎症の除去、問題の原因除去(根管治療)、歯周治療、あるいは抜歯、矯正などを行い、必要に応じて仮歯を製作して口腔内環境の改善をします。

 

 

⑥治療再評価

治療状態の再評価。歯周検査、レントゲン検査など。

 

 

治療終了

良好な状態になった後、最終補綴物の製作を行ない、装着します。

 

 

リコール・クリーニング

長期的予後への定期検診(3ヶ月から6ヶ月)、歯周病のチェック、普段のブラッシングでは取りきれない歯石やプラークを除去します。